Occult

-------------------------------------------------------------

*** 解 説 ***





シュルレアリスム

( surrealism )

 フランスの詩人アンドレ・ブルトンが提唱した思想活動。

 主な画家は、マックス・エルンスト、サルバドール・ダリ、ルネ・マグリットなど。

 画風は抽象的なものと、写実的なものに分かれるが、偶然性の強い技法(自動書記や

ディペイズマン、コラージュなど)で無意識の世界を表現しようとした前者の方法は

より魔術的に感じられる。


関連書籍:巌谷國士『シュルレアリスムとは何か』ちくま学芸文庫/2003

アレハンドロ・ホドロフスキー『エンドレス・ポエトリー』2016







黄金の夜明け団

( The Hermetic Order of the Golden Dawn )

 19世紀〜20世紀初めに実在した魔術結社。ユダヤ教の神秘主義思想カバラを基礎としている。

20世紀以降の魔術・スピリチュアル理論に決定的な影響を与えた。

世界で最も有名なライダー版タロットの作者である

アーサー・E・ウェイトとパメラ・C・スミス、

アイルランドのノーベル文学賞詩人、ウィリアム・B・イェイツ、

トートタロットの作者である魔術師 アレイスター・クロウリーなどが所属していた。





神秘主義思想カバラ

( Qabalah )

ユダヤ教の神秘主義思想。ユダヤ教系のカバラと、キリスト教系のカバラがある。

汎神論、多神教的でさまざまな解釈がある。

汎神論とは、神と宇宙、神と自然は対応し、また宇宙と人間は対応するとし、

宇宙の中にあるすべてのものに神が宿るという森羅万象の考え方に近い。






神秘学


 神秘学とは、オカルティズム、オカルト主義のこと

占星術や魔術、錬金術などを実践すること

宗教・哲学・芸術と深いつながりがある。

第1講義文書

秋端 勉『実践魔術講座リフォルマティオ』 三交社/2013





明晰夢

( Lucid dreaming )

睡眠中にみる夢の中で、自分自身が「これは夢だ」と自覚しながら見る夢のこと。

関連書籍:スティーヴン・ラバージ 『明晰夢 夢見の技法』 春秋社/2005年





四元素


四大元素、四大とも呼ばれる。世界は、火・風(空気)・水・土の四つの構成要素から成るという概念。

古代ギリシアの哲学者アリストテレスは、火=熱、乾 空気=熱、湿 水=冷、湿 土=冷、乾という性質を持つと考えた。

やがて錬金術の理論の基礎となるが、今日に至るまでに錬金術は科学から退いた。

しかし、カール・グスタフ・ユングやガストン・バシュラールなどにより四元素は、無意識や想像力との深い関わりを見出され、

「火・水・風、土」の四元素はそれぞれ「直感・感情・思考・感覚」に置き換えられている。


関連書籍:Carl Gustav Jung Psychologie und Alchemie 1944

[訳]池田紘一・鎌田道生『心理学と錬金術』 人文書院 /1976

松岡正剛の千夜千冊














◎ PROFILE  ◎ WORKS  ◎ CONTACT






Return to Top

Copyright(C) 2011 Maeda Emi All rights reserved.

inserted by FC2 system